【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】道端に落ちてるもの

【じわ怖】道端に落ちてるもの

スポンサーリンク



未だに謎なんだが実話だから聞いてください。

俺が小学校6年の頃、
学校帰りに通学路で
小判みたいな仏像が書かれたものを拾った。

小学生って道端に落ちてるものってなんでも拾うよな。

輪ゴムとか針金とか。

そんで、
その小判みたいなものを拾ってうちに持ち帰って、
少し汚れてたからよく洗って机の上に置いていた。

夜ご飯を食べてから自分の部屋に戻り、
ふと拾ってきた小判をながめてた。

その時気づいたんだが、
その小判って売り物でもなく
誰かが作ったって感じの形状で彫られてて、
不気味な仏像の絵の裏を見ると、
何故か俺と同じ誕生日の生年月日が彫られていた。

それは今でも印象に残ってる。

んで、それからその小判を机の上に飾って置いたんだが、
ある日母親が部屋の掃除をしていたときにその小判を見つけたらしく、
俺に

「落ちてるのを拾ってくるな」

とか

「不気味だから捨ててきなさい」

って怒られた。

しかたないから、
その小判を部屋の窓から外に投げ捨てたんだ。

で、それから二ヶ月後くらいかな。

これが謎。

大晦日の大掃除の時のこと。

俺の部屋は兄貴と共同で使ってて、
机を向かいに二つ並べて置いてあるんだけど、
その隙間の掃除をしていたとき、
何故かあのとき捨てたはずの小判が落ちてた。

しかも、何故か
その小判に凄い長い髪の毛が何本も絡み付いていた。

毛根まで付いてた覚えがある。

ちなみにその長さは母親の髪の毛より長かった。

気持ち悪くなってすぐさま外に投げ捨てた。

それからもう見なくなった。

っていうなんのオチもないつまらない話なんだけど、
本当に意味不明だった。

普段は幽霊とかそういうのは信じないが、
この体験だけは唯一のオカルトっぽい体験です。

あれはなんなんだろう。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2402-fb456746