【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】深夜の住宅地

【じわ怖】深夜の住宅地

スポンサーリンク



人生で一番そういう体験をしたのは二十歳前後。

大学時代、
夜中に大学のある京都から大阪の自宅へ、

ドライブがてらに車で友人たちに送ってもらった。

もう午前1時を過ぎていたが、
自転車を最寄の環状線の駅に停めていたせいで、
家ではなく駅まで送ってもらい下車。

自転車で家までの12,3分程度の道のりを走っていたのだが、
無性に人に会った。

家に帰るまでに6~7人には会った。

一応都心であるが、
住宅地なので大通りから内へ入った帰宅路には
そんなに人には会わないはずだ。

もう夜中の午前2時前だし・・・

今日はなんかお祭りだったっけ?

だからいっぱい人がいたのかな・・・?
と家に帰ってから考えもした。

なぜなら全員着物(ゆかた?)を着ていたし、
会ったのは全員子供かおじいさんだったので。

でも気にかかることがある。

それは全員たった1人で立っている。

50メートルに1人に出会う間隔。

それも家の前にボォ~と立ってたり、
電柱の横に立ってたり・・・

見かけた子供も、
近くに親も友だちもいないのにおかしいな・・・と思って、
ふとカレンダーを見た。

その日はお盆だった・・・

でも確かに見たので、
本当にいたのかもしれない。

はっきり確認できないけど、
ちょっとおかしいぞってな程度の体験しかない。


関連記事

スポンサーリンク

>自転車で家までの12,3分程度の道のり
>家に帰るまでに6~7人には会った。
>50メートルに1人に出会う間隔。 

 これらの記述に基づき、面倒がらずに簡単な計算をしてみましょう。
 12~3分で6~7人という事は、およそ2分間隔で会っている事になります。そして50メートルで1人に出会う。となると、投稿者殿は自転車で分速25メートルで走っている計算になります。分速25メートルは時速1.5キロメートル。
 人間が普通に歩く速度が時速4キロメートルですから、自転車で1.5キロメートルは異常に遅い。下手すれば転倒するでしょう。
 投稿者殿の勘違いか、それともこの話が創作である証か?
[ 2017/02/23 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2364-5712aa0f