【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】家の少し手前の直線道路

【じわ怖】家の少し手前の直線道路

スポンサーリンク



23時に仕事が終わって
車で帰ってる途中の事なんやけど、
家の少し手前の直線道路にさしかかった時、
いっつも点いてる街灯が全部なぜか消えてたんですよ。

そこでまず気味が悪くなって、
ライトをハイビームにしたんです。

そしたら、
道路の左側になんかあるんですよ。

もともとそこには中くらいの祠(?)みたいなものが建ってて、
毎日そこを通ってるから見慣れてるんですが、
その日はその祠の横になんかあったんです。

で、だんだん近づくにつれて、
それがどうやら人だってことがわかったんですね。

それでなんかうちはホッとしたんですよ、
なんだぁ~人か・・・みたいに。

でもいよいよその人がはっきり見える位置に来て、
正直背筋がゾゾゾってしました。

ピクリとも動かんのです。

道路に背中を向けた状態で、
両腕が脱臼したみたいにブラーンと下に垂れてて、
頭もガクッと垂れて前のめりで。

顔がまったく見えんのです。

髪が長くて頭を垂れてるから
髪が顔全体を隠してしまって。
通り過ぎた後、3回ミラーで確認して、
4回目見ようとすると街灯が全部点いたんですよ。

で、ミラー見たらそこには何にも無かったです。

あれからその道は夜通らないことにしてます。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2362-6767f1f0