【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】家系に神様をおろした

【じわ怖】家系に神様をおろした

スポンサーリンク



うちの母方の家系はいわゆる拝み屋。

元は神社だったのだけど、
人に譲ってから拝み屋をやっていた。

拝み屋といっても儲からない。

お金は取っちゃいけないから兼業拝み屋。

でもひいじいちゃん、ばあちゃん、
そして伯父さんと拝み屋を続けてる。

母親は三兄弟の真ん中で、
三人の中ではあまり力がなかったらしい。

ほとんど見えないし払うこともできない。

そして一番強かったのが長女の叔母さん。

いるだけで全てのものを食べてしまう?らしい。

でも跡取りを決めるときに叔母さんが

「私は長く持たないからね」

と辞退して、
伯父さんが継いだ。

その叔母さんも上京して結婚して、
子供を産んだ。

一人目は何ともなかったのに、
二人目を産んだら力が綺麗さっぱり無くなった。

というのも、叔母さん曰く
二人目の子が家系の中で一番強いらしい。

叔母さんが強かったのは
二人目が生まれるまでに死なれたら困るからで、
産んだ今は用無し?らしく全く力がなくなったそうな。

この二人目が不思議な子だった。

障害があって、
年より幼いんだけど
ギリギリ意思疎通はできるって感じ。

そんな子なんだけど、
例えば山の中を歩いてると、
木や草が避ける。

本当にその子の前だけ道ができる。

後ろを歩いてると、
その反動で木の枝が顔にヒットするぐらいw

鳥や獣も野生だろうがペットだろうが関係なく懐く。

野生の雀が肩に止まるなんて初めて見た。

一番驚いたのが、

「お腹空いたね」

とその子に言ったら、

「じゃあお願いするね」

柿の木に頼んだ。

そうしたら柿の実が二個、
ぽとんぽとんって落ちてきたこと。

風もないし、揺れてもないし
動物もいなかった。

怖い思いどころか
助けてもらうことが多いので怖くはないけど、
すごく不思議。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2360-e8d4c97d