【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】1月半ばのまだ暗い早朝

【じわ怖】1月半ばのまだ暗い早朝

スポンサーリンク



金縛りネタで、
初めてした不思議な体験の話を。

今年の1月半ばのまだ暗い早朝。

ふと目が覚めたとき、
体が重苦しいのを感じた。

部屋の雰囲気に違和感を覚えるのが先か、
それが何なのか理解するのが先か、
小型犬くらいの大きさをした、
人じゃない何かの気配に気付いた。

そいつもおれが起きたのに気付いたのか、
ぴょんぴょんと、それこそ小動物らしい軽い動きで跳ねたかと思ったら、
体の大きさに対して妙に大きい頭で、
噛むような仕草で首を絞められた。

人生初めてのオカルトチックな体験に、
おれはただ

「あっちいけ~」

と願うだけだった。

この時は軽くパニクってたのかじっと耐えてただけだったけど、
後になって考えれば金縛り状態だったはず。

それからたぶん5秒と経ってなかったはずだけど、
そいつが顔を上げたと思ったら気配がすーっと消えて、
体の重苦しい感覚からも解放されてた。

再び寝るまでの間、
初めての不思議体験に少しドキドキしてたけど、
これくらいの話「夢でしょ」って言われたら否定できないなとか思ってた。

でも問題はここから。

起きてから、
おれが不思議体験してた頃とおそらく同時刻、
近所のペットショップが全焼して動物みんな死亡、
という悲しい話を聞いた。

もしかしたら、
おれの所に助けを求めに来たのかもしれないし、
劣悪な店から解放されて遊びに来てただけかもしれない。

どちらにしろ、
なんだか切なくなったそんなお話。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2281-8a1dc42a