【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】風呂場に外へ通じるドアが付いていた

【じわ怖】風呂場に外へ通じるドアが付いていた

スポンサーリンク



一軒家を借りて引っ越してきたばかりのことです。

古い物件で、風呂場は外に通じるドアが付いた部屋を後で改築したものらしく、
タイルの壁にドアがそのまま残してありました。

内側から鍵をかけられるので気にはとめませんでした。

引っ越してきて二日目、やっとかたずけも終わり、
最初の日はシャワーで済ませたので、
深夜一時過ぎでしたが風呂につかりたいと思い、風呂に入りました。 疲れてたのと冬の寒い日だったので、つい湯槽のなかでうとうとしてしまったのです。

最初に気が付いたのは、耳を澄まさないと聞き逃してしまうほどのかすかな音でした。

ドアを引っ掻くような音が聞こえてきました。

カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ

最初は猫かな?と思いましたが、ずっと絶え間なくその音は続きました。

外になにかいる、でも猫じゃない。と漠然と思いました。

その内に、

トントントントントントントントントントントントントントントン

と、ドアをノックするほどの音なり、
さらにドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンと、
激しくドアを叩く音へと変化しました。

ドアはずっと叩き続けられました。

ドアの向こうの何かがまるで開けて中に入れてくれと言わんばかりに。
その時には怖さのあまり動くこともできず、ひたすら息をひそめてました。

どれくらい時間がたったでしょうか、気がつくと音は止んでました。

その日は家中の電気を点け、朝まで起きてました。

一週間後には引っ越ししました。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/199-b378212f