【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】鉄工所の敷地内の寮

【じわ怖】鉄工所の敷地内の寮

スポンサーリンク



三年前位に務めていた鉄工所の敷地内の寮。

部屋的には1Fは2DK風呂トイレ別。

2Fは1ルームキッチン風呂トイレ共同。

自分はその寮に住んではいなかったけど、
空き部屋があって住人の外人さん達とも仲がよかったので
よく泊まっていた。

(寮住人は日本、フィリピン、タイ、ベトナム、ブラジル、ペルー、パキスタンとかなりの多国籍軍)

職場と自宅がクソ遠かったので、
一週間中3日はその寮に泊まっていて実質住人だった。

そこの1Fに住んでいる日本人の熟練工がガン宣告されたみたいで、
絶望のあまり首吊り自殺。

仕事に出てこないから様子見に行った自分が
第一発見者になってしまった。

風呂場で見つけたんだが、
日曜日を挟んでいて夏場だったので
臭いとか遺体の血色とかいろいろ凄い状態だった。

事情聴取やお葬式も終わった数日後、
その寮に泊まる事にした。

18時に仕事も終わって皆と寮に戻る時に、
二階の玄関奥がオレンジ色に光っていて、
ジジイ化けて出たぞw
とかスリラーの真似したり茶化してたんだけど、
二階に上がると冷蔵庫が開いて
冷凍肉とかが外に出ている状態になってた。

自分も外人達も物怖じしない奴らが集まってたから、
黙々と解凍されたその肉使ってメシ作って酒盛りした。

夜中も廊下でわざとでっかく足音立ててるような音がしたり、
夜中トイレに行ったら屋根裏の点検口のフタが落っこちて来たり、
テレビ映りが極端に悪かったり当初は凄かった。

今考えるとまるでホラー映画。

それから誰が始めたとかはなく
自然とビール一杯と取り皿を一人分余計に出すようになってからは
ピタリと止んだ。

その仕事やめた今も付き合いがあり遊びにいくけど、
たまにラップ音がする位で他に異常はないみたい。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/1887-46eabf3a