【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】お馬で人生アウト

【じわ怖】お馬で人生アウト

スポンサーリンク



1981年4月5日、
中山競馬場A投票所裏のトイレで、
1人の中年男性が自殺。

この男性は剥き出しにした電気コードを、
自らの左胸にガムテープで貼り付け、
換気扇用コンセントに自ら差し込んで絶命。

新聞は、

『50歳ぐらい。身長165センチ、
スポーツ刈りで紺色のスリーピース、
カーキ色のレインコートなどを着て』

と、その容貌を描写している。

競馬新聞に赤のサインペンで走り書きされた遺書には、

『おれはお馬で人生アウト。もしできたら医学用に使ってください』

と記されてあった。

(『馬鹿だなオレは。お馬で人生アウト。ごめんなさい、マヌケより。』
と記されていたとするサイトもあり)

自殺の方法からも、
計画の上で競馬場に現れたのだろう。

そして、

「当たったら人生をやり直そう。しかし外れてしまったら…」

という、
一世一代の大勝負に人生を賭けたのだろう。

そして、彼の本命にした馬は来なかった。

遺書は彼の生き様そのものを物語っているようだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/1704-8d104a29