【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】奇妙な連続惨事

【じわ怖】奇妙な連続惨事

スポンサーリンク



私が小学校3年の3学期の時。

私のクラス、
3年2組に奇妙な連続惨事が起こったのです。

まず最初の犠牲者
(その時は誰も『犠牲者』とは思っていませんでしたが)
は、O君という男の子でした。

普段はとても元気だった彼ですが、
3学期に入ると突然体の調子がおかしくなり、
1ヶ月の入院をすることになってしまったのです。

内臓の病気だということでしたが、
最後まで原因は不明でした。

次の事件は、O君が退院したちょうどその日に起こりました。

今度はI君が急性盲腸炎で入院したのです。

盲腸ということがはっきりしていたので、
みんな、よりにもよってO君の退院の日に…と残念がりましたが、
気味が悪いといったふうには、
まだ誰も思っていなかったように思います。

冗談で次は誰の番か、
などと言って遊んでいた男の子もいます。

ただの偶然だと、みんな信じていました。

…ここで終わっていれば。

次の犠牲者はクラスの女の子です。

彼女もI君がちょうど退院した日に
階段から落ちて頭を縫うケガをし、
入院することになりました。

さすがに3人もこういったことが続くと、
みんな気味が悪くなってきて、
学校を休む子も出てきたほどです。

学校側からも、
登下校時にくれぐれも気をつけるように、
という注意が出ました。

しかし、やはり3番目の女の子が退院したその日に、
クラスのK君がひどい交通事故に遭ってしまったのです。

結果的には彼が一番ひどい犠牲者でした。

足がぐちゃぐちゃになってしまったそうで、
結局3学期中に彼が退院してくることはなかったのです。

ですが、これが最後の事件ではありませんでした。

最後の犠牲者はNさんという女の子で、
彼女も交通事故に遭いました。

春休みに入ってすぐのことです。

誰もが何故?!と思いました。

まだ、K君は退院していないのに!

あとでわかったことですが、K君は手術を終え、
この日、整形外科の病院を移っていたのです。

外科の病院を退院して。

さすがに何かあると思ったのか、
担任の先生が春休み中にクラス全体のお祓いに行った後、
新学年となってクラスも変わったこともあり、
この事件はパタリとやみました。

何かの祟りであったのかどうかも、
もう今となってはわかりません。

実は3番目の犠牲者となった女の子というのが私なのですが、
事故の瞬間は今でも忘れられません。

いつもの慣れた階段だったのに、
どうして踏み外してしまったのか…不思議でなりません。

何よりも怖かったのは、
私が入院していた部屋にいたおばあさんが、

「そういえば、今朝ちょうど退院してった
そのベットに寝てた男の子も、おんなし学校やってゆうてたわ」

と言ったのを聞いたときです。

そう、私はI君が使っていたのと
同じベットを使っていたのでした…。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/1213-42c4dd07