FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2019年02月

【じわ怖】植木鉢

スポンサーリンク



修羅場中、どうしてもチョコが食べたくなって、
財布だけ持って近くのコンビニまで出かけた。

眠くて目をしぱしぱさせながら歩いていたら、
突然目の前に漫画みたいに植木鉢が落ちてきた。

一気に目が覚めた。

固定が弱くて誰もいないベランダから勝手に落ちてきたのか、
持ち主(?)は現れず、
何故いきなり落ちてきたかは不明のまま。

ちょっとズレてたら頭直撃。

【じわ怖】アンケートの電話

スポンサーリンク



ある日家電に

『A調査会社ですが、アンケートの協力をお願いします』

と、若い女性の声で電話がかかってきた。

質問内容は、
好きな服のブランドとか好きな花とか好きなスィーツ。

一通り答えて電話を切って、
そのことはその後すっかり忘れていた。

半年後のコミケで、
アンケで答えた好きな花と好きなスィーツを差し入れで貰うまでは。

【じわ怖】神が降りた

スポンサーリンク



自ジャンル厭離(※オンリー:ジャンル限定のイベント)のために
新刊を出そうと張り切っていたある夜の事。

どうも原稿が締め切りに間に合いそうに無くて
三日ほど修羅場っていたのだが、
いつの間にか気を失うようにして眠ってしまっていたらしい。

はッと気がつき、

「やべえ、間に合わん!」

と原稿を見ると、
そこには完成原稿が。

「これがいわゆる『神が降りた』というやつか!」

ほくほく顔で原稿を読み進めると、
どうにもおかしい。

【じわ怖】畳の上の絨毯

スポンサーリンク



友達の原稿手伝いに行って怖かった話。

隣の市に住む友Aとは、
メール・電話での連絡は結構あるけど、
顔を合わせるのはイベの時か、
かなり追い込まれてるAの修羅場の時くらい。

今夏もミケの修羅場で久し振りにAのいるアパートに行くと、
畳敷きの部屋に何故か上から絨毯。

絨毯と言うか、
50センチ四方サイズのを何枚も並べて敷いてあった。

寒い時でもないのにと不思議に思ったけど、
とりあえずそれには触れず原稿描きの手伝いをした。

【じわ怖】車で聖地巡礼に行った帰り道

スポンサーリンク



車で聖地巡礼に行ったときのこと。

帰り道、疲れきって、
運転手には悪いがみんな寝てた。

ふと目覚めると、
えらく真っ暗な道を失踪中。

行きは高速一本だったのに?

しかもナビは見知らぬ場所に設定されてる。

「何してんのー?」

と聞くも、誰も返事をしない。