FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2018年10月

【じわ怖】シャボン玉

スポンサーリンク



友人の話。

山奥の仕事で荷を背負っている時のこと。

何処からともなくシャボン玉が風に乗って流れてきた。

何でこんな辺鄙な所に?

疑問に思っていると、
急にその数が増えた。

後から後から途切れることなく、
暗い森の中から透明な玉が川のように溢れ出てくる。

一体誰が吹いてるのか。

【じわ怖】スマイルフォーカス

スポンサーリンク



知り合いの話。

近場の山をハイキング中、
デジカメで写真を撮りまくったという。

奇妙なことに、
何もないのにスマイルフォーカスが反応する場所が幾つもあった。

試しに何枚か撮ってみたが、
何もおかしい物は写っていない。

後で整理することにして、
そのままハイキングを続けた。

家に帰ってから確認したところ、
先に確認した際は何も写っていなかった画像に、
おかしなモノが写り込んでいた。

【じわ怖】山の中国人

スポンサーリンク



うちのジイサンの話だが、
聞いたのは親父からだ。

ジイサンの住んでた実家は北陸のほうなんだが、
場所はちょっと勘弁してくれ。

ジイサンが40代の頃、
自分の持ち山に入って山菜採りをしていた。

それが夕方になって青い顔をして帰ってきて、
履物を脱ぐなり「山の中国人に目をつけられた」と言った。

家のものは誰もその意味がわからなかった。

その地方には山に中国人が住んでるという言い伝えのようなものはなかったし、
見た人もいなかったから。

【じわ怖】朽ちた建物

スポンサーリンク



もう20年以上前の話だけど1つ。

実家の近くの山に、
寺なんだか神社なんだか覚えてないんだけど朽ちたのがあった。

もう地元の人間も存在を忘れかけてるぐらい古い建物というか残骸で、
そこにお化けが出るという噂が子供の間で流行った。

そこに友達と二人で冒険しに行こうという話になったんだけど、
怖いので昼間に行くことになった。

行くことは比較的簡単で、
獣道を辿っていけば子供のチャリでも小一時間ぐらいで着いた。

でも日もあるしその建物の周りは
比較的拓けているからそこまで怖くなくて、
建物の中に入ってみた。

【じわ怖】儂は78になったら死ぬからな

スポンサーリンク



急峻な山地に家が点在するある地域の話なのだが、
ある日、その地域に住む老人が山の仕事に行くと、
何時もの山道の傍らに、
昔の人のような丁髷で裃を着た男が立っていた。

男曰わく、

「あなたは78の今日まで生きる」

変な事を言う人だなと、
横を過ぎて振り返るともう居なかった。

それから老人は口癖のように

「儂は78になったら死ぬからな」

と家族に言うようになった。