FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2018年10月

【じわ怖】ハミング

スポンサーリンク



山仲間の話。

一人でキャンプ中に鼻歌を歌っていると、
誰かが近くの藪中でハミングを始めた。

自分の歌っている曲を、
同じようにくり返している。

「誰か居るのか?」

そう藪に声を掛けると、
子供のような声が返ってきた。

『誰か居るのか?』

微妙に彼の口調を真似ているのが腹立たしい。

【じわ怖】大日杉から飯豊山を経て大日岳に行くコース

スポンサーリンク



十五年ほど前の春過ぎ頃、
大日杉から飯豊山を経て大日岳に行くコースを、
1泊2日予定(移動と念のため休暇は4日)で登った。

テント泊の予定であったし
前日の仕事終わりが遅かったこともあり、
8時過ぎに大日杉を出発してゆっくりと進み、
14時に一乃王子にテントを張り野営地とした。

夕飯を取り暫くはまったりと過ごしていたが、
寒さもきつく眠気も増したので
そうそうにシュラフに潜り込んでいくばくか、
ふと、物音で目が覚める。

何かの小動物がテントに当たるようなポスポスという音が何度かして、
止んでから耳を澄ませていると、

「すみません」

と、消え入りそうなほど掠れた男の声。

【じわ怖】団栗

スポンサーリンク



知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。

遊びに行った折に、
色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「深い森を歩いているとな、
何処からか団栗が投げ付けられる山があったよ。
当たっても別に痛くもないが、
何故か全身から力が抜けちまうんだ。
ヨイヨイになってろくに歩けなくなるから、
そこで猟はお終い。
獲物を何匹か仕留めた後に限って、
よく飛んできたモンだったわ」

【じわ怖】神隠し

スポンサーリンク



山村で聞いた話。

その集落では昔、
神隠しが多発していたという。

といっても、
隠されていたのは人ではなく自転車だった。

停めていたはずの自転車が、
いつの間にか失くなっていることがよくあった。

狙われたのは大体が子供の自転車だったらしい。

話を聞かせてくれた人は、
グラウンドで野球をしていた時に取られたという。

自転車は、
皆の目が届く開けた場所に停めてあった。

【じわ怖】悲鳴が聞こえてきた

スポンサーリンク



友人の話。

家族でキャンプに出掛けた日の夜。

夕食を終え、
キャンピングカーの中でトランプなどして遊んでいると、
突然つんざくような悲鳴が聞こえてきた。

子供には外に出るなと言い含め、
彼一人が表を確認しに行った。

麓の方から段々と、
悲鳴はこちらに近付いてくる。

速い。

いきなりライトの明かりの中、
空中に人影が現れた。