【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2018年03月

【じわ怖】光る海

スポンサーリンク



それは、私が小学校4、5年の頃の体験です。

私の実家は、山の中の田舎です。

有名な山はないのですが、
周りをぐるりと低い山に
幾重も取り囲まれています。

小学校には歩いて1時間ほどかかるので、
夏休みなどは
ほとんど同じ集落の友達と遊んでいました。

私の同級生は女子男子2人ずつでした。

【じわ怖】天気

スポンサーリンク



友人に天気がわかる人がいる。

的中率何パーセントとかいうレベルではなく、
ずばり当ててしまうという。

ある時、日の出を拝むため山に登り、
山小屋で仮眠をとっていざ目覚めてみると、
外はものすごい土砂降りになっていた。

他のグループが諦めて寝直しにかかる中、
彼一人外に歩き出した。

【じわ怖】たましの炎

スポンサーリンク



昭和最後の年、
息子夫婦の帰省の時の話です。

混雑する列車と夜行バスに揺られ町の駅についたのは、
夜も11時を回った頃でした。

町の知り合いのタクシーの運転手にお願いをし、
迎えに行って頂きました。

息子夫婦の到着した駅からは、
タクシーで峠を越えて40分ほどかかります。

運転手さんを含む3人は
真っ暗な山道を進みました。

【じわ怖】偽ベッキー

スポンサーリンク



夏に山登りしてて、
途中で雨が降ってきた。

合羽とか持ってきてなかったんで、
どうしようかと思ったんだけど、
ちょっと手前に山小屋っちゅーか、
あばら屋みたいなのがあったなぁ~って思いだして、
そっこー引き返した。

あった。

道のそばにワリと新しめの小屋が、
崖へ張り出すように建てられていた。

【じわ怖】その山で鏡を見てはいけない

スポンサーリンク



昔、家の近所の山に粗末な山小屋があって、
そこにオナガさんって人が住んでいた。

めったに山から降りてこなくて、
なんの仕事をしていたのか分からない。

オナガっていうのもどんな字か知らないし、
もしかしたらオオナガだったかもしれない。

俺と友だちで、
オナガさんの山小屋に遊びに行ったことがある。