【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2018年03月

【じわ怖】夜中の山道を駆け下りていた

スポンサーリンク



知人の話。

願掛けをして、
山の上のお社で百度祓えをした帰り。

緊張感を持続させるべく、
大ぶりのナイフを刃剥き出しに持って、
夜中の山道を駆け下りていた。

行く先に、人影が見えた。

老人と、女の子が二人。

お社にお参りに行こうとしたが、
老人が足を痛めてしまったらしい。

【じわ怖】月の夜

スポンサーリンク



俺の実家は山あいの村で、
昔は猿がキュウリやらトマトやら畑に盗みにくるくらい田舎だった。

小学校3年の夏、
四つ上の兄貴と一緒に友達んち遊びにいった時のこと。

すっかり日が暮れて、
夕飯まで御馳走になってしまった。

帰る時に友達のおかあさんは、

「懐中電灯貸そうか」

って言ってくれたんだけど、
兄貴は

「月がでてるから大丈夫です」

って言って断ったんだ。

【じわ怖】地面をじっと見つめている

スポンサーリンク



親父の知り合いに聞いた話。

山道を歩いていた時のこと。

前方の路肩に子供がしゃがみ込んで
地面をじっと見つめているのが見えた。

追い越しざま、
子供の肩ごしに覗き込んでみる。

巨大なヒルがミミズを襲い貪り食っている光景が
目に飛び込んできた。

【じわ怖】子供の泣き声

スポンサーリンク



同級生に聞いた話。

夏のある日、
恋人と二人でキャンプに行き河原でテントを張った。

寝る前にテントの中で喋っていると、
どこからか子供の泣き声が聞こえてくる。

ゾワっと鳥肌が立った次の瞬間

ドサッ!

上から何かが落ちてきてテントが潰れた。

【じわ怖】何かが落ちてきた

スポンサーリンク



年寄りに聞いた話。

若かかりし頃、
木橋のたもとで昼寝をしていると、
頬に何かが落ちてきた。

指先で触ってみると土くれ。

払いのけてもまた落ちてくる。

誰かが悪戯しているのか、
と仰向けになり目を開けた。