FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2017年12月

【じわ怖】鈴と赤い布がついた棒

スポンサーリンク



ウチの近所の海は浜辺に、
鈴をくくりつけた棒が立ててある。

赤い汚い布きれが巻いてあるんだが、
昔、死体が流れついてくると
その鈴が鳴るらしい。

その鈴の音が拝み屋に聞こえるらしく、
遺体の始末と供養を拝み屋がやってたらしい。

毎年決まった時期、
場所に死体が上がるという海でもあり、
地元では有名だ。

【じわ怖】勝浦の廃パーキングの向かいにあるトイレ

スポンサーリンク



勝浦の崖っぷちにある
廃パーキングの向かいにあるトイレで霊体験しました。

勝浦に釣りに行ったときのことなんですが、
急に腹痛を起こしてしまいまして・・・

ちょっと不気味だったけど、
まだ新しいトイレみたいだったので
入ってしまいました。

時間は午前1時頃。

【じわ怖】冷凍庫で保存

スポンサーリンク



私は下っ端の航海士だったので、
船長ではありませんが…。

現在、航海中に船員がなくなった場合、
伝染病等でない限り、
食料用の冷凍庫で保存でしょうね。

船には船舶衛生管理士という資格を持った乗組員がいて、
こういった場合、
横浜にある船員病院とFAXで連絡を取りながら、
検死を行ったりするそうです。

【じわ怖】パイプラインの内部点検

スポンサーリンク



俺は以前、
海運会社の航海士だった。

入社してすぐのこと。

乗ってた船が定期点検で造船所に入り、
普段入れない場所を色々開放して、
内部を点検してた。

当時乗ってた船は、
全長が300メートル以上ある、
超大型タンカーだった。

【じわ怖】遭難者の捜索

スポンサーリンク



小さい頃住んでいた小さなで漁村で、
海難事故があった。

転覆した船に乗っていた仲間を探すために、
みんな漁を止めて沖へ探しに行ってた。

結局、見つからず夜・・・

奇跡の生還をに望みをかけて、
小さな漁港の小さな堤防で、
目印の火を朝まで焚くことになった。