【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2017年08月

【じわ怖】昼寝から目が覚めると

スポンサーリンク



昼寝から目が覚めると、
知らないオッちゃんの上半身が
目の前(体の上)を通り過ぎていくところだった。

思わず小声で

「うをっ」

と言ってしまった。

【じわ怖】亡くなった母方の祖母

スポンサーリンク



0感で今まで霊体験なんてしたことがなかった自分。

先日夜中、物音がした気がして目が覚めた。

リビングにでてみても変わった様子はない。

一人暮らしだから家族とかではない。

気のせいかと思って電気を消し、
部屋に戻ると、布団の脇におばあさんが立っていた。

よく見れば、
十年以上前に亡くなった母方の祖母だった。

【じわ怖】引きこもり中にかかってきた電話

スポンサーリンク



昔2年ぐらい引きこもりやってたある日の事。

突然、姉ちゃんに

「あんたに電話だって」

と受話器を渡された。

友人とも疎遠になってたから、
誰だろうと思いつつ「もしもし」と電話に出た。

【じわ怖】ばーちゃんの写真

スポンサーリンク



15年ぐらい前、
当時高校生の俺の部屋と、大学生の姉の部屋、
両方の部屋のドアをノックしたり、
部屋と部屋(二階建てで、二階には上記の二部屋だけ)を
行ったり来たりする足音を立てる奴がいた。

最初は怖くて、電話の子機同士で

「今来た!」

とか、

「今俺トイレ行くからね!」

とか、報告しなきゃ落ち着かなかった。

【じわ怖】長い登り坂

スポンサーリンク



俺が通ってた中学って山の上にあったのね。

長い長い登り坂を毎日チャリを押して登ってたの。

夏休みだったか、とにかくかなり暑い日に、
部活行く為に一人汗だくで、
いつものようにチャリ押して歩いてたんだよ。

そしたら、後ろからパタパタと
誰か早歩きで来るわけ。

俺、邪魔かなって思って、
追い越させようと道の端に寄ったのな。