【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2017年07月

【じわ怖】私のおじいちゃんとおばあちゃん

スポンサーリンク



私のおじいちゃんとおばあちゃんの話。

おばあちゃんちにこの間泊まった時にしてくれた。

方言が激しいから、
言葉は標準語で書きます。

おばあちゃんは生まれつき目が悪かったんだけど、
戦時中、9人居る兄弟の為に働いたり、
ご飯とかを分けてあげたりして、
十分な食事を取らなかったから、
目がほとんど見えなくなった。

【じわ怖】金木犀の季節

スポンサーリンク



両親を事故で亡くした俺には、
9歳離れた姉貴がいた。

ガキの頃、
肥満気味で両親がいなくて苛められてた俺を、
いつも助けてくれた。

優しくて、強くて、
俺の自慢の姉貴だった。

秋になると金木犀の花を部屋に飾った。

「お姉ちゃんが一番好きな花なんだよ」

と笑って。

【じわ怖】近所の空き地

スポンサーリンク



今から20年前の話。

近所にわりと大き目の空き地があって、ド
ラえもんでのび太達が野球やっているような感じの所なんだけど、
放課後や夏休みはしょっちゅう集まって、
サッカーやら野球やらやってた。

夏休みの終わり頃、
いつものように遊んでて、
夕暮れ時、いつもは誰かしら友達と帰るのに、
なぜかその時だけは一人きりで取り残されてしまった。

【じわ怖】そばにいる

スポンサーリンク



私の母がまだ独身だった
25年くらい前の話らしいです。

交差点を渡ろうとした時、
前に10歳くらいの女の子が歩いていて、
その子が母の目の前で、
左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。

当然その場はパニック。

女の子はその場にいた男性にトラックの下から引き出されたが、
・・・もう・・惨いとしか言えない状態だったそうだ。

【じわ怖】苦境を共にしてきたサーバマシン

スポンサーリンク



心霊ではないかもしれないけど。

俺は某会社でシステム関連の仕事なんてのをやってるんだけど、
先日、8年間稼働していたマシンが壊れてしまった。

このサーバマシンとは、
色々と修羅場なんて言うのはおこがましいけど、
コイツとは苦境を共にしてきた。

選任の管理者主導で
ものすごい安価で購入しただけあって、
本当に手間のかかるマシンだった。