【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2017年06月

【じわ怖】毎朝氷を買いに来る若者

スポンサーリンク



これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。

じいちゃんは、
鉄工所をやっていた腕利きの職人だった。

じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、
仕事の得意先に製氷所があったそうな。

その製氷所のオヤジがじいちゃんに言うには、
毎朝氷を買いに来る若者がいたそうだ。

できたばかりの一抱えもありそうな氷の塊を買って、
自転車の荷台にゴムチューブでくくりつけ、
よたよたと去っていく若者・・・

【じわ怖】キョンシー

スポンサーリンク



友達(A子)の体験した話を書きます。

A子のいとこは代々見える家系らしく、
特に霊感の強い中学生の子がいるんですが、
ある日、何の連絡もなく突然友達を訪ねてきたそうです。

特に仲が良かったわけでもないので、
どうしたんだろうと思っていたら、

「(A子の亡くなっている)おじいちゃんが
とにかく来るようにって毎日でてきて、
夜も眠らせてくれないんだ。
理由を聞いても来いとしか言わないから、
とりあえず来てみた」

とのこと。

【じわ怖】家が全焼した

スポンサーリンク



私の母の田舎は一度、
家が全焼してしまう大火事に遭いました。

そのとき住んでたのは、
寝たきりのおばあちゃんと、
母の姉妹6人ぐらい。

もう皆が寝てしばらくたってから、
フロを沸かすためにつかった薪の残り火が原因で出火。

寝ていたところをあわてて逃げたそうです。

【じわ怖】オフクロの夢

スポンサーリンク



俺が大学生だった頃の話です。

念願の志望校に入学したけど、
何か自分の道が見いだせなくて、
ほとんどバイトに明け暮れ、
授業なんか全然受けてなかった。

ある日、本屋で立ち読みしてると、
海外語学留学というのが突然目にとまった。

英語なんか全然興味なかったし、
喋る事も出来なかったけど、
何故かその時「これだ!」と思って、
早速家に帰ってその日の夜、

「俺、とりあえず大学休学して留学するわ」

って両親に相談というより宣言した。

【じわ怖】臆病だった妹

スポンサーリンク



僕の妹は小さい頃にものすごく臆病で、
小学校に上がるくらいになっても一人でトイレに行けず、
よくおねしょをして叱られていました。

父から

「トイレにはおばけがいる」

と驚かされたことが原因なのですが、
そのくせ『おばけ』が何なのかは良く理解していないらしく、
一緒に暮らしていた祖母が亡くなったときも、
人が死ぬということが解らずに、

「ばあちゃん何処行ったの?」

と、キョトンとしていました。