【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2015年08月

【じわ怖】俺の部屋

スポンサーリンク



話は一昨年の夏にはじまる。

ある日、俺が二階の自分の部屋にいると
外から妹の声がした。

「お~い、久志~!(俺の名前、仮名です)」

大声で何度も呼んでいる。

【じわ怖】すれ違う女の人

スポンサーリンク



それは今から20年程前、
都内に住んでいた時の話です。

私はしょっちゅう同じ女の人とすれ違っていました。

朝は仕事で決まった道を急いで行くのですが、
帰りはその日の気分でいろんな道を通って帰っていました。

【じわ怖】些細な悪戯

スポンサーリンク



高校の頃の話だ。

俺が通っていた高校には、
プロも輩出したことのある県内では
有名な演劇部があった。

俺は演劇部員ではなかったが、
友人が演劇部員で時々裏方の手伝いをしていた。

【じわ怖】イチョウの木の下に死体が埋まっている

スポンサーリンク



皆さんの通っていた小学校には
七不思議がありましたか?

よく七つ以上あったり、
実は二つくらいしか存在しなかったりしますが・・。

私の通っていた小学校は後者のタイプで、
少なくとも私が知る限りでは一つしかありませんでした。

【じわ怖】笑い声

スポンサーリンク



あれは大学生2年の夏休みに実家に帰った時のこと。

実家の方はかなり田舎で、
下手すると朝5時くらいから畑仕事をしている人もいる。

実家自体も朝は早く、朝6時起床という感じで、
大学生活で乱れた体内時計がだいぶ健康な状態に戻りつつあった。