【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2015年06月

【じわ怖】友達の様子がおかしくなってきた

スポンサーリンク



小5の時の話なんだけど、
クラスでとても仲良くしている
A子という女の子がいた。
(自分も女)

A子はとても明るく、
アニメや漫画が好きで、歌のうまい子だった。

私は引っ込み思案でおとなしかったから、
全然違うタイプだったけど、
何故だかとても気が合う子だった。

【じわ怖】見知らぬハゲのおっさん

スポンサーリンク



小学校の低学年くらいのときの話なんだけど、
学校帰りに家の近くの歩道を歩いていたら、
向こうからきた人に声をかけられた。

その人は男で、黒い背広を着て
ものすごく背が高かった。

子供だから背が高く見えたわけじゃなく、
確実にまわりの人よりも頭一つ大きかった。

【じわ怖】あったさん

スポンサーリンク



小学校4~5年くらいの夏休みだったかな?

夜の7時くらいに、夏祭りの盆踊りの練習で
母と一緒に家の近所の工場の駐車場に行った時の話。

うちの地元では夏になると山車を引っ張って町中を練り歩いて、
ちょっとした広場とか空き地とかに着いたら、
2~3曲盆踊り?みたいなのを輪になって踊るっていうお祭りがある。

正直なところ、糞暑い中を
延々歩かされる祭り自体は苦行でしかなかったんだが、
親公認で夜に出歩ける踊りの練習は毎年の楽しみだったんだよ。

【じわ怖】不思議な雨乞い

スポンサーリンク



うちのじいちゃんが不思議な雨乞いをする人だった。

稲の苗が育つ時期に何日も雨が降らなかったりすると、
子供を川原へと連れていき、
川を見ながら抱きかかえて上下させる。

そうすると不思議に雨が降っていた。

小さい頃の私は
「あたりのいい子」だと言われて、
よくその雨乞いに使われていた。

【じわ怖】地底の世界

スポンサーリンク



小学校低学年の1年か2年の頃の話。

山に囲まれた田舎に住んでたんだけど、
学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが
おれに話しかけてきた。

知らない人にはついていってはいけないと言われてたけど、
何かその人たち普通と違うというか、
どこかで見た事がある感じ。

懐かしくて惹きつけるものを感じて話を聞いた。