【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2014年10月

【じわ怖】エレベーターの外

スポンサーリンク



怖い話じゃなく不思議な話です。

特にこれといったオチもありません。あしからず。

当時学生だった私は、運送のバイトをしてました。

社員の方と二人で配達に回るんですが、その時に起きた出来事です。

大きな荷物を運び終え、ついでと渡された小包の配達に向かいました。

場所は都内にあるマンションです。

かなりデカイとこです。

【じわ怖】胎内おじさん

スポンサーリンク



まとめサイトを見ていたら、自分と同じ体験の人がいてびびった。

赤い花は自分記憶に無いんだけど、
幼稚園前後くらいまで、母親や叔母さんに話して、
気持ち悪がられた内容とほぼ同じ。

自分の場合は、
街路樹のてっぺんくらいの高さに、
みすぼらしいかっこの子供たちが居て、
(その中に自分も含まれる)
やっぱり雲みたいな霞みたいなものの上から、下を見下ろすような感じで、
女の人を誰にするか選ばせられてる感じ。

口を動かす会話みたいなものはなくて、
薬の行商みたいな格好の、子供があまり好きではなさそうな、
やせた初老のおっさんが居て、
暗黙の了解というか、空気読め、さっさとしろ的ふんいきの中、
選ぶ余裕なくとりあえず決める、みたいな。

【じわ怖】姪と猫

スポンサーリンク



俺は実家住まい。

たまに嫁いだ姉とその娘(女の子・2歳)が遊びに来る。

この前、母親と姉が買い物行く間、俺は姪っ子の子守してた。

途中、トイレのでかいほう行きたくなったのね。

で、一瞬目を離した。

【じわ怖】アメリカ人の父と侍

スポンサーリンク



父親が幼い頃に体験した不思議な出来事です。

私の父親はアメリカ人です。

父親は成人してから日本に移住しました。

小さい頃から憧れていた国が日本だったそうです。

そんな父(当時9歳)のためか、家族で日本へ海外旅行となりました。

父はとっても張り切り、ガイドブックを読み耽り、ワクワクしながら日本に到着。

日光や鬼怒川、新宿や浅草など、関東を巡ったそうです。

日本=忍者や侍だった父親は、忍者や侍がいないことにショックで、
わざわざアメリカから持ってきた宝物のオモチャの刀を、
道端のごみ箱に捨てたらしいです。

【じわ怖】霊視

スポンサーリンク



2ちゃんの心霊系のオフに参加した時の話です。

車は3台あって、私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せて貰い、
スポットをいくつか回りました。

不思議なのはその人の会話です。

話題が霊視になった時、Tさんは

「あれはコールドリーディングというテクニックですよ」

と言い切りました。