【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2014年07月

【じわ怖】会社帰り

スポンサーリンク



俺結婚してるんだけど、
嫁さんも働いてるし料理が苦手なんで、
料理の得意な俺が主に夕飯作ってるんだよ。

で、その日もいつものように会社の帰りに、
遅くまで開いてるスーパーで食材買って、
(ほうれん草に焼き豆腐、鯖の切り身、しめじなど)
電車乗って、うちの駅に降りて、ウォークマン聞きながら帰った。

【じわ怖】透明なぶよぶよした物

スポンサーリンク



こないだ、
裏のおじいちゃんと山に登って、
山芋堀りをしていた。

私がスコップで地面を掘り返していると、
透明なぶよぶよした物が現れました。

【じわ怖】かわった日

スポンサーリンク



小学校に上がる前だと思う。

ある朝に目を覚ますと、隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。

家中を見て回るが誰もいない。

不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。

どんなに激しく揺り動かしても、ぐにゃり、ぐにゃり、
とするばかりで死んでいるかのようだ。

私は怖くなって家の外に出た。

雨が降っていて薄暗かった。

【じわ怖】裸婦像のデッサン

スポンサーリンク



大学時代の話。

風邪で高熱にうなされてたんだけど、
その日休むと美術の単位を落としてしまうので、
必死の思いで学校に行った。

その日は裸婦像のデッサンで、
半ば朦朧としながらペンを走らせた。

【じわ怖】魔法使いの背中

スポンサーリンク



5歳くらいの頃、父の仕事の都合で田舎に引っ越して、
しばらく経ったときのことです。

夜は自分の部屋で一人で寝ていました。

ある晩のことでした。

はくしょん大魔王のようなアラジンのランプのような、
ものすごく大きな人が自分の部屋にいました。