FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2014年06月

【じわ怖】お節介な母親

スポンサーリンク



実家の近所に超貧乏な母娘家庭があって、周りの人達からちょっとハブられてたんだ。

でもうちの母親はお節介だから、たまに様子を見に行ったりしててさ、
そのうち娘さんが体調を崩したとかいう話があって、
しばらくしてうちの母親がまた様子を見に行ったんだけど、鍵がかかってて誰もいないらしい。

で、うちの母親は心配になって(田舎もんだから出来る所業なんだけど)庭に回って窓から覗いたらしい。

そしたら布団が一組敷いてあるだけで誰も寝てないし、人の気配もしないから、

入院してるんじゃないか?って話になったわけ。

【じわ怖】深夜にタクシーに乗った

スポンサーリンク



うまく話せるか分かりませんが、自分にとってはかなり恐かった話です。

もう10年くらい前、私は都内の某新聞社に勤めていました。

仕事柄、帰宅が深夜に及ぶこともしばしばで、
そういう時は契約しているタクシー会社に電話をかけてタクシーを呼んで帰るのが常でした。

ある日、やはり仕事の終わりが12時を過ぎ、いつものようにタクシーを呼び乗り込みました。

ところが、そのタクシー運転手の態度がとにかくひどいのです。

【じわ怖】怖い部屋

スポンサーリンク



私はあるビジネスホテルで客室清掃のバイトをしているのですが、
先日掃除した部屋がとても怖かった。

その部屋はファミリーダブルという、
ダブルベッドよりも幅が広い3人で寝ることができるベッドがある部屋で、
名前のとおり家族向けの部屋なのですが、
その部屋の客は数日前から連泊しているようで、荷物が置いてあった。
(連泊の荷物類は触らないよう指導されている)

シーツ替えや掃除機かけをしているときにふと気づいたのだが、
部屋のすべての鏡が新聞紙でふさがれている。ドレッサー、姿見など。

【じわ怖】最終兵器Oさん

スポンサーリンク



大学時代に凄い人がいた。

仮にOさんとしておくが、Oさん自身は小柄で線の細い普通の女性なのだ。

だが彼女の陰のあだ名は『最終兵器』。

その由来には、幾つかのエピソードがある。

Oさんは高校時代にコンビニでバイトをしていた。

そのコンビニは「幽霊が出る」と噂され、多数の目撃情報もあり、
夜間はまったく来客がなかった。

だがOさんがバイトに入った途端、幽霊が一切現れなくなった。

【じわ怖】昔のSF小説にはまってた

スポンサーリンク



去年の今頃の話だが。

その頃俺は、昔のSF小説にはまってた。

ノリが良くて勧善懲悪なところが、何かスカッとして面白くて、復刻版の文庫を買ってきては読んでいた。

ある晩、本を読みながら眠ってしまった俺は、ふと気配を感じて目を覚ました。

部屋の隅に人が居た。

30過ぎくらいの女で、夏なのにセーターと長くて分厚いスカート。

壁にもたれて座り、本を読んでいる。