FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわ怖

【じわ怖】リサイクルショップの手鏡

スポンサーリンク



友達から聞いた話です。

彼女が西荻窪に引っ越した時、
近くのリサイクルショップで手鏡を買ったんです。

柄に飾りのあるアンティークぽいもので、
あまり中古品が好きでない彼女も一目で気に入ったそうです。

ある夜、風呂上りにお肌のチェックをしていた時のこと、
なぜか鏡に映った自分の顔に影が差したような気がしたそうです。

蛍光灯の真下に移動してもなぜか仄暗く、
あまり光を反射していないように見えたといいます。

やっぱり古いものだから、
目に見えない傷や汚れで映りが悪くなったのかもしれない。

【じわ怖】卒業記念のサイン帳

スポンサーリンク



卒業式のシーズンになると、
時々思い出すことがある。

いろいろとプライバシーの問題などあるので、
詳細は勘弁願いたい。

高校入試も終わり、
あとは卒業式を待つだけの日々。

クラスの女子連中が、
サイン帳の交換で盛り上がっていた。

男は半数くらいやってたかな。

俺は遠慮して、
回ってきたサイン帳にもっぱらテキトーなことを書きなぐっていた。

【じわ怖】樹海で肝試し

スポンサーリンク



私は樹海で一生忘れられない不思議な体験をしました。

それは何年も前の夏、まだ私が短大生だった頃、
同じ短大に通う友達4人で樹海に行った時の話です。

突然、友達が樹海にきもだめしに行こうと言い出し、
私と他のみんなは面白そうだったので軽い気持ちでOKし、
それで私たち4人は、
車に乗って樹海に行くことになりました。

樹海に着いた頃、
辺りはすっかり暗くなってて、
樹海に入るのをためらったけど、
せっかく来たんで、私たちは車を道端に停めて、
持ってきた懐中電灯を手に持ち、
樹海の中へ入ることにしました。

【熟女体験談】硫黄島

スポンサーリンク



硫黄島がなぜ史上有数の激戦地となったか。

それは、日本兵が天皇万歳と言って戦ったからではない。

自分達が一日頑張れば、
一日空襲を防げる何百人の日本人の命が助かる。

その事を兵士が知っていたから、
水も食料も弾も無いのに最後まで抵抗したのだった。

東京爆撃を考えた米軍は、
爆撃機の基地が欲しかった。

そして、飛行場が作れる唯一の島が硫黄島だった。

【じわ怖】倉庫会社の休憩室

スポンサーリンク



3年ほど前の事です。

当時、私は倉庫会社の配送担当をしていました。

その日は仕事が終わってから仲間と一緒に飲みに行き、
その後2軒3軒と飲み歩くうちに、
気が付くと終電は無くなっていました。

翌日は早朝から積み込みと配送があったので、
私は会社に泊まることにしました。

倉庫の横にある事務所の2階に休憩室があり、
早番や遅番のドライバーは、
そこで仮眠を取ることが良くありました。

ただ、深夜には「出る」という噂があって、
そこで夜を明かす人はほとんどいませんでした。