FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわ怖

【じわ怖】バイクで通勤中

スポンサーリンク



今、考えても不思議なのが、
あれはタイムワープだったのか?

若いころに後輩が亡くなった。

お葬式も終えた頃に、
私がバイクで通勤中の出来事なんだけど、

目の前に軽トラが駐車していて、
それを避けて戻った時に、
目の前に車が飛び込んできた。

信号は私の方が青だった。

【じわ怖】共通している不思議な目撃談

スポンサーリンク



勤め先の飲食店で、
スタッフもお客様も合わせて10人以上が共通している不思議な目撃談がある。

スタッフと言っても店長と私しかいない小さな店だけど。

その目撃談というのは、
白シャツにデニムというラフな格好に、
髪を簡単だけど小綺麗にまとめた若い女性が、
壁に向かって立っているというもの。

目撃情報は去年の春先くらいからで、
女性が立っている位置は同じ。

もちろん実際はそこには誰もいないはずの時。

しかもスポットライトが当たっている位置。

【じわ怖】茶色い泥のようなもの

スポンサーリンク



小学生の頃の話。

私は悪いことが起こる前に、
身の回りのものに茶色い泥のようなものがつく。

泥なのに甘い香りがするんだ。

いつのまにか筆箱の中やにべっとり付いたりする。

この程度だと私物が壊れたり、
ケガをしたりするだけで済むんだけど、
一度酷いことがおこった。

私が学校で借りた本が、
一部だけぴったり閉じた状態になってて開けない。

【じわ怖】中古の家を売買仲介した

スポンサーリンク



中古の家を売買仲介して数日したら、
その買い主の奥さんから電話。

クレームかと思って聞いてみたら、

『この家寒いんです』

ハァ?ってなりつつ、
戸建はマンションよりは寒いものなんですよって説明して一応納得させたんだけど、
しばらくしたらまた電話。

『とにかく寒いんです、
それに女の人が居るんです家の中に』

とか言い出した。

【じわ怖】不妊治療をしてた

スポンサーリンク



私は病気が原因で妊娠できないと言われていたけど、
諦められなくて不妊治療してた。

そんな時、隣の独り暮らしのお爺さんが亡くなった。

お爺さんは生前、
野良猫を1匹餌付けして、
半野良状態で飼っていたんだけど、
その野良猫が赤ちゃんを産んだ。

それから1週間ほどした日に、
お爺さんの弟さんが遺品整理に来てて、
帰る際にたまたま子猫だけが納戸に閉じ込められる形になってしまった。

親猫は1日鳴いていたけど諦めてどっか行ってしまった。