FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】哀しい先輩

スポンサーリンク



俺の職場での話。

俺の職場の先輩は面倒見がいいし、
仕事もスゲーってほどじゃないけど確実で、
取引先からも指名で仕事が来たりする。

ただ、ちょっと困ったとこは、
異様に家族のことを大切にしてること。

奥さんや娘さんのことを話し出すと止まらなくって、
休日明けなんかは家族と何をやった、
どこへ行ったってことを写真を見せびらかして話してる。

それだけならいいお父さんで済むんだけど、
問題は奥さんと娘さんが既に他界されてること。

【じわ怖】違うよな?

スポンサーリンク



中学時代、自転車で塾から帰る途中。(夜の10時頃)

近所に山口なんとか言う偉い人の記念公園があるんだけど、
そこの前を通ったらこんな時間なのに誰かいる。

砂場のところで変なおじさん
(30過ぎくらいで、ワイシャツにネクタイというサラリーマン風)が、
向こう向いてうずくまってた。

何か気になって、
誰かに襲われでもして怪我でもしたのかと思い、
(当時オヤジ狩り全盛期だったから)
近づいて声を掛けようとしたら、

「違うんだ違うんだこれじゃないんだ…」

って呟きながら、
変なボロボロの布みたいな物に
一心不乱にカッターナイフ何回もザクザクザク…と。

【じわ怖】二宮金ジ郎の銅像

スポンサーリンク



母校にあった二宮金ジ郎の銅像(漢字わからん)。

薪の数を数える度に本数が違ってて友達とよく騒いだ。

そうやって二宮銅像にちょっかい掛けまくってた小三くらいの夏休みに、
犬の散歩に出かけた俺は誰もいない小学校へ入った。

昼間だったから暑くて小さいバケツに水入れて犬に飲ませてたんだが、
二宮が気になり近寄る。

こんなとこに立ってて暑そうだなーと
面白半分に二宮へ水を掛けてみた。

残ってた水が少なかったから
二宮は腕と本が少し濡れただけ。