FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】毎朝どこかしらに特定の職員の名前が書いてある

スポンサーリンク



職場に来るお客さん(製造業)から聞いた話

・毎朝どこかしらに特定の職員の名前が書いてある

・書いてある場所は壁だったり床だったり色々←写真を見せてもらった

・色を塗って乾かす工程のラインで、
乾かしている物(どかすには数も多くて手間がかかる)をどけたら書いてあった、
なんてこともあった

・片付けて棚に置いてあるネジが、
落ちる以上のスピードで目の前に飛んでくる

・机に置いてあるものが跳ねる←動画を実際に見せてもらった

・盛り塩をしたが、盛り塩の皿が真っ二つに割れていた

【じわ怖】老朽化した小さな貸家

スポンサーリンク



これは母から聞いた話です

私の家は小さな貸家を持っていました

しかし私が高校生になる頃には
老朽化で賃貸をあきらめ
鍵をかけたまま放置していました

いわゆる開かずの間状態ですね

ある日の昼下がり母は換気の為に
勝手口の鍵を開けて貸家の中に入りました

その日は快晴だったので室内も明るく
蛍光灯を点ける必要もありませんでした

【じわ怖】知らない男女に手を貸すよう頼まれる夢

スポンサーリンク



数年前にどこかの林の中の小さい川みたいな所で、
知らない中年男女に手を貸すよう頼まれる夢を見た。

落し物を探してるのかと近づくと、
別の男性の遺体を流そうとしていて、
水量が少ないために遺体の半分くらいしか水に浸かっておらず、
段差に引っかかって流れそうにない。

男女は諦めたように去り、
私は目の前の光景と事態への恐怖とその場に来たことへの後悔でパニクって、
そこにあった砂遊び用のバケツに水を汲んでは流し続けた。

パトカーのサイレンが聞こえてきて、

「そうだ!通報しなきゃ!」

と気づいたところで目覚めた。