【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】貨物船の操舵手をしていたオヤジ

スポンサーリンク



うちのオヤジは昔、
貨物船の操舵手をしてました。

オヤジが乗っていた時、
オヤジのボンク(寝室らしい)の上の人が、
身体中カミソリで斬りつけて自殺をしたそうだ。

死んだその人を抱き上げたらすごく軽かったって。

「血液って結構重いんだなあ」

と言ってたよ。

【じわ怖】肩が重い

スポンサーリンク



高校の時、
友人5人で心霊スポットのトンネルへ
肝試しに行った時の話。

トンネルに到着してトンネル内を散策中、
友人の一人が急に体調不良を訴え始め、
急遽お開きになった。

それからしばらくしてもその友人の体調は戻らず、
しきりに「肩が重い」と訴え続けていたので、
藁をも縋る思いで除霊師として名の知れた人物の所へ
除霊をしてもらいに行った。

【じわ怖】船幽霊

スポンサーリンク



海を職場にしている漁夫や船員たちが、
その長い海上生活の間の奇妙な体験と言えば、
誰もが先ず第一にあげるのに、船幽霊がある。

最近は余り耳にしないが、
昭和の初め頃までは、
随分あちこちでこの噂はあったと古老たちは語る。

それは、油を流したようなどんより曇った夜や、
また、天気が時化(しけ)る直前、
生暖かい風がぴたりと止んだ夜更け等に、
よく船幽霊に出会ったという。